抗酸化

パプリカのカボチャ詰め

2018/12/26

パプリカのカボチャ詰め~パプリカソースと共に~

▷パプリカのカボチャ詰め~パプリカソースと共に~

材料 4人分
カボチャ 1/4
赤パプリカ 2個
玉ねぎ 1/4
豚ひき肉 100g
赤ワイン 少々
少々
オリーブオイル
牛乳 大1.5
パン粉 10g
パプリカソース材料
パプリカ 1個
玉ねぎ 1/4
にんにく 1片
小1/3
コンソメの素 1/2
盛り付け材料
パセリ 少々
ベビーリーフ お好み量

作り方

カボチャを蒸して柔らかくする。
玉ねぎをみじん切りにして、飴色になるまでフライパンで炒める。
②に、塩少々と赤ワインを少々加えて薄っすらと味をつけておく。
パプリカを縦半分に切り、へたを取る。
①と③と豚ひき肉とに、牛乳に浸したパン粉を入れて、粘り気が出るまで混ぜる。
パプリカの中に⑤を詰め、その⑤の中に少し穴をあけてオリーブオイルを少量垂らしておく。
※オリーブオイルを垂らしておくことで、ジューシーに仕上がる。
パプリカの詰め物が人数分出来たら、両面フライパンで強火で焼く。焼き色がついてきたら弱火にする。
ソースは、フライパンにパプリカソース材料を全て入れて加熱。
⑦が出来たら、⑧のソースをかけて盛り付けして出来上がり。

カボチャのカプレーゼ風サラダ

2018/12/26

カボチャのカプレーゼ風サラダ

▷カボチャのカプレーゼ風サラダ

材料
カボチャ 1/6程
モッツァレラチーズ 100g
バルサミコソース材料
バルサミコ酢 大2
醤油 大2
はちみつ 大1
カメリナオイル
又は、オリーブオイル
小1

作り方

カボチャを食べやすい大きさにスライスし、焼く。
モッツァレラチーズを薄くスライスする。
バルサミコソースの材料をフライパンに入れ、数秒加熱しながら混ぜ合わせる。
盛り付けをして出来上がり。

鮭とカボチャのグラタン

2018/12/26

鮭とカボチャのグラタン

▷鮭とカボチャのグラタン

材料
マッシュカボチャ 2人分
鮭(甘口) 2切れ
ブロッコリー お好みの量
チーズ 適量
玄米マカロニ
(なければマカロニ)
適量
バター 適量

作り方

鮭を一口大に切り、ブロッコリーと共に焼く。
マカロニを柔らかくなるまで茹でる。
マカロニとマッシュカボチャを混ぜ合わせ、内側全体にバターを塗った耐熱のグラタン皿に入れる。
③の上にブロッコリーと鮭を盛り付け、全体的にチーズをふりかけたら、トースターで1~2分程焼く。チーズが溶けたら完成。

揚げないカボチャコロッケ

2018/12/26

揚げないカボチャコロッケ

▷揚げないカボチャコロッケ

材料 2つ分
マッシュカボチャ 2人分
パン粉 適量
少々
オリーブオイル 大1

作り方

フライパンにオリーブオイルをひき、中火でパン粉を炒める。
パン粉がきつね色~薄茶色になってきたら、全体的に塩をまぶす。
パン粉が全体的に茶色になったら火を止める。
マッシュカボチャの形を整え、パン粉が均等につくように付けて出来上がり。

マッシュカボチャ

2018/12/26

マッシュカボチャ

▷マッシュカボチャ

材料 4人分
西洋カボチャ 4人分
玉ねぎ 小1個
味噌 大1/2
亜麻仁油 小1
ひとつまみ
胡椒 少々
パセリ 適量

作り方

カボチャを丸ごと蒸す。
①をしている間に玉ねぎとパセリをみじん切りにする。
③ 刻んだ玉ねぎを、飴色になるまで炒める。
④ カボチャが柔らかくなったら、適当な大きさに切り、皮のままマッシュする。
④の中に材料全てを入れてかき混ぜる。
盛り付けて出来上がり。

納豆キムチ

2018/12/26

納豆キムチ

▷納豆キムチ

抗酸化、抗糖化、腸内環境改善、美肌・美髪、疲労回復

♡効果倍増ポイント
オクラや納豆に含まれているムチンは熱に弱く、水溶性です。そのためオクラは60度以下で蒸すのが一番ですが、出来ない場合は短めに茹でて下さい。

材料
納豆 1パック
オクラ 5本
キムチ 少量
醤油 少量

作り方

オクラを蒸すか、さっと茹でる。
①のオクラが冷めたら輪切りにする。
オクラに、キムチと納豆を加え、少量の醤油で味を整えて完成。

トマト麻婆豆腐

2018/12/26

トマト麻婆豆腐

▷トマト麻婆豆腐

抗酸化、疲労回復、免疫力アップ、代謝促進

♡効果倍増ポイント
トマトに含まれているリコピンは、熱に強く脂溶性です。この特性より、オイルでの加熱調理をすると吸収率がアップします。かさまし効果もあるのでヘルシーな麻婆豆腐になります。

♡効果倍増ポイント
ネギに含まれているアリシンは、刻むことで効果を発揮しますが、揮発性です。刻んだ直後にオイルにつけることで、揮発せずに効果が得られます。ネギは刻んだ直後にフライパンに入れましょう。

材料
絹豆腐 1丁
ネギ 1/3本
にんにく 1片
生姜 大1
豚ひき肉 150g
トマト 小1個
片栗粉大1.5
ソース材料
甜麺醤 大2
豆板醤 小3強
(唐辛子 2本)
料理酒 大1
白味噌 小1
50ml

作り方

絹豆腐は、一口大に切った後、水切りしておく。
にんにく、ショウガをスライスする。
トマトは6等分程に切っておく。
ソースの材料を全て混ぜ合わせておく。辛さはお好みで調整を。
ネギを刻む。
フライパンにオイルをひき、②→③→①→⑤の順番で入れ、混ぜずに蓋を閉めて 弱火で加熱。
全体が温まったら円を描くように④を入れ、混ぜずに蓋を閉めて弱火で加熱。
お好みのサラダや玄米の上に盛り付けをして出来上がり。

鮭のムニエル

2018/12/26

鮭のムニエル

▷鮭のムニエル

抗酸化

材料
生鮭 2切れ
ひとつまみ
バター 大1/2
小麦粉 適量
カメリナオイル(無ければお好みのoil) 大1/2

作り方

鮭を洗って一口大に切る。
水気をとり、小麦粉をまんべんなくふりかける。
オイルをひいたフライパンに鮭とバターを入れて中火で焼く。
お好みの野菜と共に、お皿に盛り付ける。

生姜焼きサラダ丼

2018/12/26

生姜焼きサラダ丼 2人分

▷生姜焼きサラダ丼 2人分

抗酸化

材料
鶏もも肉 200g(豚肉200gでもOK)
◎きざみ生姜 大1
◎きざみにんにく 1片
◎醤油 大2
◎みりん 大2
◎料理酒 大2
キャベツ 1/4程
トマトなどお好みの野菜 お好みの量

作り方

鶏もも肉に切れ目を入れ、◎の材料の中で10分程漬け込む。
フライパンに油をひき、①を全て入れて中火で加熱。
千切りにしたキャベツの上に生姜焼きとお好みの野菜をトッピングして完成!
※こちらには生姜ドレッシングが合います。是非、生姜ドレッシングも合わせてお召し上がり下さいね。

カオマンガイ風サラダ丼

2018/12/26

カオマンガイ風サラダ丼

▷カオマンガイ風サラダ丼

代謝促進、抗酸化、免疫力アップ、疲労回復

♡効果倍増ポイント
鷹の爪には、辛み成分のカプサイシンが含まれています。種や下手の部分に多く含まれ、取り除くことで辛さが調節できます。また、細かく刻むほど、油で炒めるほどに辛さが増します。その特性を知り、辛さを調節してみてくださいね。

炊飯器材料
鶏むね肉 2枚
塩・胡椒 少々
白米 3合(有れば白米2合+玄米1合)
きざみ生姜・にんにく 各1片
小2
その他材料
リーフレタス 数枚
トマト 1個
●ソース材料
鷹の爪 1本
おろしにんにく 小1
黒糖 大2
レモン汁 大3
醤油 大1
白味噌 大1
大1

作り方

炊飯器に材料を全て入れて、白米3合設定で炊く。
この時、鶏むね肉に切れ目を入れておくと、味がしみ込むのでお勧め。
ソースの材料が混ざりやすいように、全て小鍋に入れて混ぜながら数分弱火で加熱。全て溶けて混ざり合ったら火を止める。
①が炊き上がったら、その他の材料と共にお皿に盛り付けをして出来上がり。